最新のタクシー情報まとめ

タクシー運転手に転職できない病気とは?

タクシー運転手に転職できない病気とは? タクシー運転手に転職できない病気に糖尿病が挙げられます。
その理由は単純で、糖尿病がもたらす発作がタクシー運転手という職業にとって天敵だからです。
糖尿病は適切な対応をしている場合は問題ありませんが、インスリン注射など処置を怠った場合に低血糖による異常が引き起ります。
軽度であれば漠然とした不安や手足の震え、急な発汗などが起こりやすいです。
この症状を放置すると発作が深刻化し、次はめまいに意識障害に陥ります。
最悪の場合死亡する恐れもあるわけですが、乗客を安全に乗車させる義務があるタクシー運転手にとって交通事故を引き起こすリスクが高い糖尿病は懸念事項です。
付け加えるなら転職を困難にさせる病気は他にもあります。
心臓疾患や肝硬変、精神病にアルコール依存症、そして睡眠時無呼吸症候群が要注意です。
また持病も歓迎されないと言えます。
先述した糖尿病のようにこれらもまた発作が起こりやすいため、交通事故のリスクを避けるために雇用を避けているのが現状です。

タクシー運転手の休日の仕組みとは?転職先は勤務形態で決めよう!

タクシー運転手の休日の仕組みとは?転職先は勤務形態で決めよう! タクシー運転手の休日の仕組みですが、一般の会社員などとはかなり異なる仕組みで働いていることが多くなっています。
タクシー運転手の1回の勤務は、朝8時前後に仕事を開始し、途中休憩を挟みつつも翌日の午前2時くらいまで、時間にすると16時間前後を連続して行うことが普通です。
普通の会社員は1日8時間勤務が基本でしょうから、実に2倍働いていることになります。
これでは体を壊してしまうと思われるかもしれませんが、もちろんこんな激務が毎日続くわけではありません。
午前2時まで働いたその日は休みとなるのです。
午前2時まで働いてまたその日の朝8時から勤務開始ではありません。
次の勤務日は、その翌日の朝8時からとなります。
つまり、2日間をセットで考えると分かりやすいでしょう。
朝8時から翌日未明2時まで働き、その日はその後は休みというのが一つのサイクルです。
これを3回繰り返し、週の7日間のうちの最後の1日は一般の人と同じように丸々休みという形態で働いている人が多くなっています。